Instagram投稿の公開手続

Instagram投稿の公開は公式アプリまたはクリエイタースタジオから行う必要があります。
投稿の公開予定時刻になったら公開手続の手順に従い、投稿を公開しましょう。

  1. 投稿を予約する
  2. 公開手続を行う

iOS端末をお使いの方は iOS端末のメディアダウンロードのコツ も合わせてご確認ください。

投稿を予約する

Instagram投稿は予約日時の設定が必須となっております。
投稿に予約日時を設定し、[投稿予約] ボタンをクリックすると投稿が予約されます。

投稿予約を行うと、[投稿の管理] にて [公開手続] ボタンが表示されるようになります。
投稿を公開する際には、[公開手続] より本サービスから画像・動画のダウンロードや投稿内容のコピーを行っていただきます。

公開手続を行う

[公開手続] ボタンをクリックすると、公開に必要な5つのステップが表示されます。

STEP1. 投稿メディアをダウンロード

投稿に設定したメディアをお使いの端末にダウンロードしてください。
PCの場合はメディアをクリック、スマートフォンまたはタブレットの場合の場合はタップでダウンロードできます。

STEP2. 投稿内容をコピー

[投稿内容をコピー] ボタンより、設定した投稿内容をクリップボードにコピーします。

STEP3. 公式アプリまたはクリエイタースタジオからInstagramに公開

公式アプリまたはクリエイタースタジオにて、以下の操作を行ってください。

  • 本サービスからダウンロードしたメディアを添付する
  • 本サービスからコピーした投稿内容を貼り付ける

弊社サービスの投稿プレビューでは、メディアのトリミングを行わない表示としています。
公式アプリでのトリミング設定の切り替え よりトリミング設定をご確認の上、投稿を公開してください。

必ず [公開先アカウント] であることをご確認の上、投稿を公開してください。

STEP4. 投稿のURLをコピーする

公開した投稿のURLを取得します。
iOSの場合、以下のような手順で投稿URLを取得できます。

STEP5. 公開手続ダイアログに取得した投稿URLを入力する

公開手続ダイアログに投稿URLを入力し、本サービスと公式Instagram上の投稿データを紐付けます。
公開日時は紐付けた投稿の公開日時に上書きされます。

また、この操作を行うことで、以下のようなメリットがあります。

投稿公開後、1時間ごとに分析データが反映されるようになる

[投稿の管理] にて、投稿を公開してから1時間ごとに獲得した数値が反映されます。
公開直後の反応を確認したい場合は、投稿URLを設定することをオススメします。

[自社アカウント分析] に投稿カテゴリ情報が引き継がれる

投稿作成時に設定したカテゴリ情報が [自社アカウント分析] にも反映されます。
あらかじめ分類したカテゴリで分析データを集計したい場合は、投稿URLをセットしておくとカテゴリ設定の手間を省くことができます。

iOS端末のメディアダウンロードのコツ

以下の手順を行うことで、メディアを [写真アプリ] に保存できます。

画像

1. [STEP1] に表示された画像をタップする

「画像をダウンロードしますか?」というダイアログが表示されます。

2. [表示] をタップする

新しいタブで画像が表示されます。

3. 画像をロングタップし、メニューを開く

4. ["写真"に追加] をタップし、端末に画像を保存する

この操作を行うことで、[写真アプリ] に画像が保存されます。

画像を保存したら、公式アプリまたはクリエイタースタジオから投稿を作成しましょう。

動画

1. [STEP1] に表示されている動画をタップする

2. [ダウンロード] をタップする

3. ブラウザ右上にある [↓] より、ダウンロードした動画をタップする

動画をタップすると、再生画面が表示されます。

4. 左下の [↑] より、[ビデオを保存] をタップする

この操作を行うことで、[写真アプリ] に動画が保存されます。

ビデオを保存したら、公式アプリまたはクリエイタースタジオから投稿を作成しましょう。