投稿分析: TwitterCSVインポート機能

Twitterアカウント分析画面ではさまざまな指標に関するデータが自動で収集されますが、Twitter公式アナリティクスからデータをインポートすることで、さらに詳細なデータを分析することが可能となります。

  • インポートした指標は自動更新されませんので、データが必要なタイミングでインポートする必要があります
  • エクスポートしたCSVをExcel等で開くと文字化けする場合がございますが、インポートをする上で問題はありません

CSVインポートにより確認できる指標

CSVインポートを行うと以下の指標が確認できるようになります。

  • 固定リンククリック数
  • ハッシュタグクリック数
  • アプリ表示
  • アプリインストール
  • フォロワー獲得
  • 詳細クリック数

TwitterアナリティクスからCSVエクスポート手順

CSVのインポートを行うためには、Twitter公式アナリティクスからCSVをエクスポートする必要があります。
エクスポートしたCSVを本サービスにインポートしてください。

1. Twitterで対象のアカウントにログインします ( https://twitter.com )

2. 画面左側のメニューより「もっと見る」から「アナリティクス」をクリックします


3. [ツイート] タブに切り替えます

4. 画面右上のボタンから、データを更新したい期間を選択します

5. [データをエクスポート] ボタンをクリックし、[By Tweet] を選択します

[By Day] にてエクスポートしたデータは、本サービスにインポートできません。


本サービスへCSVデータをインポートする

1. [Twitterアカウント分析] より、[投稿分析タブ] をクリックします

2. データをインポートするSNSアカウントを選択します

3. インポートを行うデータの期間を指定します

必ずTwitterアナリティクスからデータをインポートした期間と一致させてください。

4. [データインポート] ボタンをクリックします

5. [CSVファイルをアップロード] ボタンをクリックします